風水で玄関の鏡は大きければ大きいほど良い?




 玄関に鏡を置く予定なんだけど、風水では鏡は大きいほど良いって聞いたけどホントなの?

 

こんにちは!

今日は、玄関に置く鏡の大きさについてご紹介します。

 

玄関の鏡は大きいほど良い?

風水では、玄関に置く鏡のサイズは、「姿見」のサイズで、全身が無理なく映せるものが良い、とされています。

 

なんとなく、玄関の鏡のサイズは「大きければ大きいほど良い」というイメージを持ちやすいのですよね。

でも、あまり大きすぎると「人間関係のトラブル」や「外出時のケガ」を招きやすいといわれているのです。

 

なので、玄関の壁一面が鏡張りというふうに、必要以上に大きなサイズはNGなんですね。

 

もし、ご自宅の鏡がとっても大きなものだったとしたら、できれば「姿見」のように横幅が短いモノに取り替えるか、鏡面にキレイなタペストリーを掛けてあげるなどしてあげてください。

 

小さな鏡はダメ?

では逆に、小すぎるサイズの鏡はダメなのでしょうか?

実は鏡は小さい分には、そんなに問題はありません。

 

基本的に鏡は三大風水アイテムと呼ばれるくらい風水パワーを持つもの。

なので、鏡のサイズが小さいからと言って、マイナスの影響が出ることはありません。

 

ただ、小さすぎるサイズだと、鏡の風水パワーも少なくなる可能性はありますし、鏡を覗いたときに、頭の上のほうがちゃんと映らないのは縁起が悪いと言われています。

なので、程よい大きさの鏡を選んでくださいね。

 

それでは、玄関風水で幸運を!

タイトルとURLをコピーしました