風水でおすすめの傘立ての置き場所と方角別に相性の良いデザイン・色・素材

玄関の風水




風水的に傘立てで気をつけないといけないことってある?

玄関の方角別にどんな傘立てが相性が良いの?

 

今回は、風水的に良い玄関の傘立てについてご紹介します。

 

傘立ては、買って玄関に置いたらそのまんま、普段は全然意識していないし、特に手入れもやってないって方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、風水的に傘立ての役割って、すごく重要なんです。

 

そこでこちらでは、なぜ風水で傘立てが大切なのか、その理由と、傘立てを玄関のどこに置くか、そして、玄関の方角別に相性の良い傘立てのデザインや素材、色をご紹介します。

 

 




傘は風水的には「陰」の気

傘立ての役割は、言うまでもなく傘を収納することにあります。

なので主役は傘で、傘立ては脇役といったところ。

なので、オシャレな傘を何本も持っている人でも、傘立てのことは気にしないのが普通ですよね。

 

ところで、傘は風水的に「陰」の気が強いということをご存知でしょうか?

雨の日に使った傘は雨水で濡れていますが、これが「陰」の気の原因となるのです。

そして、「陰」の気を持った傘を収納するスペースである傘立ては、どうしても「陰」の気が強くなってしまうもの。

 

外から良い気を迎え入れる玄関に、陰の気が強くなった傘立てが置かれていると、風水的に良くありません。

だからこそ、傘立ての置き場所がとっても大切になってくるんです。

 

風水でおすすめする傘立ての置き場所

傘立ては玄関の外に

雨水で濡れて「陰」の気をまとった傘は、できるだけ家の中に持ち込まないこと。

そのためには、傘立ては玄関の外に置くことが望まれます。

もし、ご自宅で傘立てを玄関の内側に置かれているのなら、今日から外に出してあげてください。

そうすると、玄関、そして、自宅の中の気の回りが良くなってきます。

 

傘立てを外に置けないときは?

だけど、マンションやアパートにお住まいの方だと、傘立てを玄関の外に置けないですよね。

だからと言って、傘を玄関に持ち込まずに自室の前に立てかけていると、隣近所に御迷惑になるし・・・。

 

このようなお家では、玄関の内側のたたきに傘立てを置くしかありません。

ここで大切なのが、陰の気を家の中に持ち込まないこと。

そのためには、玄関に入る前に、傘についた雨のしずくを払い落として、水気をなくすようにしてください。

できれば、乾いた布で雨水をふき取ってあげるとベストです。

 

そして、雨があがったらベランダで傘を開いて、日光に当ててあげましょう。

そのとき、傘立ても一緒に日光に当てることを忘れずに(傘立てを玄関からベランダに持っていくのは面倒ですけど・・・)。

 

雨に濡れて陰の気をまとった傘、そして、その傘を収納していた傘立ては、残念ながら陰の気でいっぱいになっています。

傘と一緒に傘立ても日光に当てて、陰の気を追い払い、陽の気をたくさん取り込んでくださいね。

そして、夜は玄関の照明をちゃんとつけて、「陽」の気を高めておきましょう!

 

方角別相性の良い傘立て

続いて玄関の方角別に相性の良い傘立てを見ていきましょう。

 

北の玄関に相性の良い傘立て

風水では、北の方角は「水」の気が強い方角とされています。

傘は水の気が強く、陰の気をまといやすいもの。そして、傘立ても、どうしても陰の気が強くなってしまいます。

 

そこで、北側の玄関に置く傘立ては、できるだけ「水」の気を弱める物を選ぶようにしましょう。

デザインは安定感のある四角形、素材は水の気を弱める「土」でできた陶器製がおすすめ。

そして、色は浄化作用のある白が良いでしょう。

 

また、北は風水で貯蓄運に影響がある方角でもありますので、金運アップを求めるなら、シルバーやゴールドをあしらった傘立てもおすすめです。

 

北側の玄関は、どうしても暗くなりがち。傘立ての手入れはもちろんですが、玄関はいつもキレイに、風通しにも気配りをして、「気」の流れを良くしておきましょう。

 

東の玄関におすすめの傘立て

東は風水では「木」の気が強く、発展運や成長運を高めてくれる方角とされています。

 

玄関が東の家では、傘立ては「木」の気を強めるグリーン系の色がおすすめ。

素材は木製か陶器などの「木」と相性の良いものを選びましょう。

そして、成長・発展を促すよう高さのある傘立てを選ぶと、風水効果は一層、高まるはずですよ。

 

南の玄関におすすめの傘立て

熱い「火」の気が強い方角「南」。

南の方角の玄関で、火の気を高める装飾を行うと、派手になりすぎるためおすすめしないのですが、こと、傘立てについては別。

ここでは「火」の気を意識したものを選んで、傘にくっついた陰の「気」を抑えるようにしましょう。

 

傘立ての色は「火」と相性の良い「木」を連想させる緑、「土」の色である茶色や黄色がおすすめです。

デザインは少し背が高いものにして、素材は「土」の気である陶器が良いでしょう。

 

西の玄関におすすめの傘立て

西と言えば「金」というくらい、風水では、金の気が強い方角と考えられています。

西側に玄関がある家では、傘立てにも「金」の要素を取り入れて、金運をアップしていきましょう!

 

おすすめの傘立ては、色は白、シルバー、ゴールド。

素材は「金」そのもののステンレス製か、「金」を生む「土」の陶器製が良いですね。

そしてデザインは、横広で大きめのものを選び、余裕をもった使い方をしましょう。

 

まとめ

風水で傘立てが大切な理由と、傘立てを玄関のどこに置くか、そして、玄関の方角別に相性の良い傘立てのデザインや素材、色をご紹介しましました。

 

まとめると

  • 傘立ては玄関の外に置く
  • 置けない場合は傘の水をぬぐい取る
  • 晴れた日には傘や傘立てを日光に当てる

ことと、

  • 北の玄関は「四角形」「陶器製」「白・ゴールド・シルバー」
  • 東の玄関は「高さのあるもの」「木製・陶器製」「グリーン」
  • 南の玄関は「高さのあるもの」「陶器製」「グリーン・茶色・黄色」
  • 西の玄関は「横広で大きめ」「ステンレス製・陶器製」「白・ゴールド・シルバー」

を意識してください。

ご自宅の玄関の方角をチェックして、より良い傘立てをチョイスしてみませんか?

 

傘と傘立てをチェックして、風水で運気アップ!

 

玄関風水の全部がわかる記事はこちら!

おすすめ 玄関風水で運気アップ!玄関でやるべきこととやってはいけないこと【完全版】

玄関風水で運気アップ!玄関でやるべきこととやってはいけないこと【完全版】
風水で玄関はいちばん大切って聞くけど、一体、何をどうすれば良いの? 風水では、家の中でいちばん大切な場所は「玄関」です。 玄関風水をしっかりと行っていれば、抜群の風水効果がもたらされま...

 

それでは、玄関風水で幸運を!

タイトルとURLをコピーしました