知っておきたい!風水でおすすめの傘立ての置き場所

 風水的に傘立てで気をつけないといけないことってある?

 

こんにちは!

今回は、風水的に良い玄関の傘立ての扱い方についてご紹介します。

傘立ては、買って玄関に置いたらそのまんま、普段は全然意識していないし、特に手入れもやってないって方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、傘立ての役割って、風水的にけっこう、重要なんですよ!

 

 

傘は風水的には「陰」の気

傘立ての役割は、言うまでもなく傘を収納することにあります。

なので主役は傘で、傘立ては脇役といったところ。

なので、オシャレな傘を何本も持っている人でも、傘立てのことは気にしないのが普通ですよね。

 

ところで、傘は風水的に「陰」の気が強いということをご存知でしょうか?

雨の日に使った傘は雨水で濡れていますが、これが「陰」の気の原因となるのです。

そして、「陰」の気を持った傘を収納するスペースである傘立ては、とっても大切になってくるんですね。

 

傘立ては玄関の外に

雨水で濡れて「陰」の気をまとった傘は、できるだけ家の中に持ち込まないこと。

そのためには、傘立ては玄関の外に置くことが望まれます。

もし、ご自宅で傘立てを玄関の内側に置かれているのなら、今日から外に出してあげてください。

そうすると、玄関、そして、自宅の中の気の回りが良くなるはずですよ。

 

傘立てを外に置けないときは?

だけど、マンションにお住まいの方だと、傘立てを玄関の外に置けないですよね。

だからと言って、傘を自室の前に立てかけていると、隣近所に御迷惑になるし・・・。

 

このようなお家では、玄関の内側のたたきに傘立てを置くしかありませんよね。

陰の気を少しでも家に持ち込まないためには、玄関に入る前に、傘についた雨のしずくを払い落として水気をなくしてください。

できれば、乾いた布で雨水をふき取ってあげるとベストです。

 

そして、雨があがったらベランダで傘を開いて、日光に当ててあげましょう。

そのとき、傘立ても一緒に日光に当てることを忘れずに(傘立てを玄関からベランダに持っていくのは面倒ですけど・・・)。

 

雨に濡れて陰の気をまとった傘、そして、その傘を収納していた傘立ては、残念ながら陰の気でいっぱいになっています。

傘と一緒に傘立ても日光に当てて、陰の気を追い払い、陽の気をたくさん取り込んでくださいね。

 

それでは、玄関風水で幸運を!